日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

ランカウイの生き物 ダスキーリーフモンキー

この子の名前は ダスキーリーフラングール 別名はシロマブタサル。
なんとも一昔前の女子高生のようなかわいい奴で、木から木へジャンプしながら移動していきます。1~3頭のオスと複数のメスと子供で構成される20匹ほど程度の群れで構成され、なんとも羨ましい一夫多妻制であります?

子供の色なんと金色!
外敵に襲われた時、群れがいち早く子供を見つけやすく直ぐにみんなで保護する意味もあるとされてます。葉を主食としているのですが、通常の生き物は葉っぱは自分自身で分解できないので栄養にならんのです。自分で分解できる生き物といえば一部のバクテリアやきのこ類程度のみです。だからこのようなサルは胃の中に共生菌をに住ませて、消化できないはずの葉っぱを分解してもらっているんですね。

ダスキー君 ランカウイ島の人気もんです。

英語名 Dusky Leaf Monkey
分類 霊長目オナガザル科
特徴 目の回りと口の回りが白いこともあり、シロマブタザルとも呼ばれ、
オスよりもメスのほうが1kgほど大きい 普通は1~3匹のオスと複数のメスと子供たちの20匹程の群れで行動しており一夫多妻制
大きさ 48~68cm 体重5~9kg
よく見れるエリア 周りに森が残っているエリア ダタイ・アンダマン ベルジャヤリゾートなどやラヤ山など
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ★★☆☆☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ★★☆☆☆)
ブログもチェック! ランカウイ島のマスコット的アイドル


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ


人気記事

ランカウイ倶楽部のツアー