日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

コノハズク

今年はまだか、まだかと待っていたがなかなか来てくれず
ランカウイ島の環境が変わって今年は来てくれないのかと危惧していましたが
ようやく!!来てくれました。

コノハズク(Oriendal scops owl)
マレーシア語(ランカウイ語かも)でBurung Hantu
直訳するとお化け鳥。

地元の人たちは乾期の到来を知らせてくれる鳥と呼んでいて
毎年来てくれると「あぁそろそろ乾期かぁ」とか「今年ももうすぐ終わりだなぁ」って
暑いけど年の瀬を知らせてくれる鳥。

例年は10月下旬から11月頃にマングローブの森にやってくるのだけれど
今年は12月。待ちわびましたよー
10月頃からツアー中にいつも一眼レフを持ちながらツアーをやっていましたが
選りに選って望遠を持たないときに見つけてしまい、手持ちのスマホで撮影。
いけずぅな鳥。

今日(13日から14日未明)は今年最後の流星群の双子座流星群が極大を迎えますし
月明かりもなく観測条件良し!!
ランカウイ島にいらっしゃる方は23時頃から全体的に夜空に注目。

では今年もいよいよラストスパート2017年を楽しみましょう



コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ