日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

ランカウイの鳥 オオサイチョウ

恐竜のような大柄の体つきで羽音を立てながら飛ぶ姿はまさに恐竜? 中央部にあるラヤ山を車で頂上まで上がれるので、夕暮れ時によく行くのですが 群れを成している11月~2月頃は大迫力で圧巻です!

オオサイチョウ2

そのような大柄の鳥を見るのに重装備でジャングルへ! そんなイメージだと思いますが、車窓を開けてゆっくりと移動すれば、大きな羽音が「バッバッバッ」と聞こえます なので彼らを見つけるのに軽装で十分なんですよ!

英語名 Great Hornbill
分類 ブッポウソウ目サイチョウ科
特徴 世界で2番目に大きなサイチョウ クチバシの上に特殊な突起を持ち、求愛行動こそがとても興味深く、ランカウイ島では若鳥のグループで20~30匹で群れを成すのが11月から2月がシーズン
大きさ 全長1。3m 両翼1.5m 体重2。5kg
よく見れるエリア ランカウイ島中央部に位置するラヤ山で見つけることができ、他にダタイ地区やベルジャヤホテルなどでも見られる。
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ☆☆☆☆☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ☆☆☆☆☆)
ブログもチェック ランカウイの魅力 この子も探せ!


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

  • […] 同じ森に住む大きな恐竜のような鳥サイチョウは大型の果実や種子などの散布として一役買ってくれてるものの、タイの国立公園ではリスの天敵である猛禽類などの極端な減少でバランスが悪くなり食害動物になってしまってるみたい。 ここランカウイ島ではそこまでの影響は感じられないけども、益獣が時にバランスが崩れると害獣に 本当に繊細なバランスの中で生態系は持ちつ持たれつで出来上がってるんだね。 […]


  • 人気記事

    ランカウイ倶楽部のツアー