日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

ランカウイの生き物 カグラコウモリの仲間

カヤック時、四つんばいで洞穴に入っていくと出会える小型種のコウモリ。 お互いがぶつからない程度に1匹 1匹同士の縄張りを持ち、他のコウモリが触れると、出てけと喧嘩してたりしてカワイイ 特に5月頃、雨期に入り始めた時期、子供を出産し子育てしているところを間近で見ることができる。

子育て中のコウモリ

子育て中のコウモリ

英語名 Lesser  Great Leaf-Nosed Bat
分類 翼手目カグラコウモリ科
特徴 日本の南西諸島が北限とさるが、コウモリは多種に富み未だ分かっていないことが多々あり情報が乏しくはっきりした事がわからないが、カグラは神楽の面のような鼻葉から名づけられた。 お互いが重ならないよう一匹一匹のテリトリーを持ちグループで生息する。
大きさ 7~9cm 体重20~30g
よく見れるエリア カヤックDeジャングル時、四つんばいに入る洞窟で見られる
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ☆☆☆☆☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ★★★★★)
ブログもチェック 今は子育てで大忙し・・・ 洞窟からこんにちわ!


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ


人気記事

ランカウイ倶楽部のツアー