日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

ランカウイ島 ヒメオオコウモリ

ランカウイ島北部のダングリ島の森をコロニーとし て群れで生息。 同島に生息する大型のジャワオオコウモリより2回り程小さくしたオオコウモリ。 果物や花蜜や花を主に食し、洞窟をねぐらとする小型種の コウモリと違い、視力や嗅覚に優れ顔形がキツネやリスのようであることから、フライングフォックスという英名を持 つ。   コウモリは様々なウィルスを保有しているとされる。 その理由に小型種の哺乳類でありながら寿命が長く、一匹の子供を大事に育て可愛がり、コロニー など群れを成すこと、そして哺乳類で唯一飛べること。 しかも水平移動だけでなく上下にも移動でき、南極以外の世界中に生息していることから、あらゆる動物と関節的に接する機会が多く、夜行性だからではないかとされ、未だはっきりしたことがわかっていない謎の多い動物。

英語名 Small Flying Fox
分類 翼手目オオコウモリ科
特徴 インドー太平洋域に生息。 果物や花、花蜜などを主食とされ、インドー太平洋にある果物(種)の運び屋。
大きさ 35cm
よく見れるエリア 北部にあるダングリ島の森をコロニーとして生息。
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ★★★★☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ☆☆☆☆☆)


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ


人気記事

ランカウイ倶楽部のツアー