日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

ランカウイの生き物 マレーヒヨケザル

サルという名前でも霊長目ではないがサルに一番近い目。 英語ではフライングリマー(飛ぶキツネザルという意味)、首から手そして足から尻尾まで皮膜を持ち、6角形のように皮膜を伸ばし夜な夜な木から木へ滑空する。 一見みつけるのが難しそうであるが、アンダマンホテルやダタイホテル ベルジャヤホテルなど周りに森が残っているリゾート近くの木の窪みに休んでいる姿を簡単に見つけることができる。

 

英語名 Sunda Flying Lemur
分類 ヒヨケザル目 ヒヨケザル科
特徴 歯の形状、育児法 目の位置 DNA解析からサルに最も近いヒヨケザル目とされ、夜行性で、餌となる木が限られていることもあり、更に遠くへ移動出来るよう皮膜を持ち滑空したのではないかとされる。
大きさ 全長35cm~40cm
よく見れるエリア ダタイホテルやアンダマンホテル ベルジャヤリゾートにシェラトンランカウイなど、ホテルの周りに森が残っているエリア
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ☆☆☆☆☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ☆☆☆☆☆)
ブログもチェック! ランカウイ島で空飛ぶサル??


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ


人気記事

ランカウイ倶楽部のツアー