日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

ランカウイの生き物 シナウスイロイルカ

マングローブクルーズ中、近海をボートで移動している際、10匹ぐらいから、かなりの群れで見つけられる。 バンドウイルカのようにボートに近づいてきてジャンプをするようにアクティブではないが、ゆっくりとしたペースで40秒程に一度息継ぎをしに水面へ上がってくるところを観察できる。 又カヤックDeジャングル中、川の入り江からかなり奥入ったマングローブの川でも稀に見つけられる。
ウスイロイルカ
イルカは僕たちと一緒の哺乳類 だから魚のエラで呼吸をせず、肺呼吸なんですね。 では眠っている時 どうやって呼吸しているかご存知ですか?? 答えはツアー中に!

英語名 Indo-Pacific Humback Dolphin
分類 鯨偶蹄目マイルカ科
特徴 生息地によって異なってくるが、明るめの灰色にピンクが混じっており、背中に瘤(コブ)のような突起があるとされているが、ランカウイ島に生息しているイルカはそこまでの突起は目立っていない
大きさ 全長2~2.5m 体重150~200kg
よく見れるエリア ランカウイ島の近海および、マングローブの入り江まで入ったりもする。
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ★★☆☆☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ★☆☆☆☆)


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ


人気記事

ランカウイ倶楽部のツアー