日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

waterbuffalo

昔から家畜として知られ東南アジアからオーストラリアまで移入分布された ランカウイ島でも田んぼや水辺など湿地帯で水浴びをしている姿を目にし、ランカウイ島のスイギュウは自由気ままに放牧?されてる状態。

water

基本的に一夫多妻で1~2匹のオスに対して複数のメスと子供で10~30匹ほどの群れで行動をしており、時に10匹ほどの若いオスの群れで行動を共にすることもある。 日中は反芻をしながら休んでおり、朝夕に草などを食す草食動物。 皮膚に寄生する昆虫からの害を守るのもそうだが、スイギュウは他のウシと比べ熱に敏感で体温調節のために泥沼に入ったりする。 スイギュウは古くから家畜化されたこともあり、本来の野生種なのか? 野生種は既に絶滅して家畜種が逃げ出し再野生化したか あまり詳しいことが分かっていないらしい。

英語名 Asiatic Water Buffalo
分類 偶蹄目ウシ科
特徴 古くから家畜化されて知られ水辺に依存した生活をしている
大きさ 家畜種250~550kg, 野生種1000kgほど
よく見れるエリア 田んぼや湿地などでよく水浴びをしている光景に出くわす
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ☆☆☆☆☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ☆☆☆☆☆)
ランカウイ島の風景 ずっとこのままに


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ


人気記事

ランカウイ倶楽部のツアー