日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

crestedserpenteagle

湿地帯 水田 マングローブなどに生息し、甲高い声で旋回する姿を目にするカンムリワシ ランカウイ島ではごく普通には見れないレア種だが、マングローブの森ではじっとして木に留まってたりもして、偶に姿を見せてくれる。

kanmuriwashi

ヘビを好むことから、serpentとはヘビ しかもエデンでイブを誘惑して禁断のリンゴを食べさせた(陰険で悪意がある)ヘビだそうだ。

そんな意味が名前にあるなんて興味深いもんですね

英語名 Crested Serpent Eagle
分類 タカ目タカ科
特徴 湿地や水田 マングローブなどに生息しヘビなどが好物
大きさ 全長55mほど
よく見れるエリア マングローブの森のあたり
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ☆☆☆☆☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ★☆☆☆☆)
ヘビ好きの鳥って?


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ


人気記事

ランカウイ倶楽部のツアー