日本人ガイドと行く、ランカウイ島のディープな自然探検ツアー

ランカウイの鳥 カワセミ

ランカウイ島には8種類のカワセミという色鮮やかな鳥が生息しており、その中でも小さい種類に入り全長は16~20cm程で、英名はcommon Kingfisherという名前のごとく小魚を水中にダイブして捕まえる。 より速く深い魚でも捕まえられるよう水圧の抵抗を最小限に作られた形状から、500系新幹線の頭の部分を造る際に参考にされ、潜った際、ゴーグルのようなものが目を覆い(瞬膜)小魚を的確に狙えるようになっている。

マングローブの蛸足に張り巡らされた根で小魚を狙っているところを偶に目撃する。

英語名 Common Kingfisheer
分類 ブッポウソウ目カワセミ科
特徴 水辺に住む青い宝石と言われ、水辺の小魚等をダイブして捕食する
大きさ 全長16~20cm
よく見れるエリア ランカウイ島のマングローブエリアの干潮時
見れるかもしれないツアー マングローブ・クルーズ (確率 ★☆☆☆☆)
カヤック DE ジャングル (確率 ★☆☆☆☆)


コミュニティに参加

Twitter

facebook

コメント

コメントをどうぞ


人気記事

ランカウイ倶楽部のツアー